What’s brand data bank?
ブランドデータバンクとは?

〇〇な人ってどんな人?

性別・年齢等の属性データなど
デモグラフィック/フェイスデータ・価値観データ
+
約130ジャンルにおよぶ、所有/嗜好などの豊富なブランドデータ
→
よく購入している飲料
持っているお気に入りのファッションアイテム
よく利用するWebサービス・アプリ
よく利用しているカフェやファーストフード店

流行に敏感でコミュニケーション能力が高い人

性別・年齢等の属性データなどと約130項目、20000ブランドにおよぶ豊富な持ち物・嗜好のブランドデータにより、ターゲットユーザーの「人となり」を明らかにする

ターゲットユーザーの「人となり」を
明らかにします!

ブランドの選択傾向を横断的に読み取ることにより、どんなものを嗜好し、どのような感性を持っているのかを把握します。 さらに、多彩なデモグラフィックデータや価値観データを複合的に組み合わせ、ターゲットユーザーのライフスタイルを明らかにしていきます。

Point 1

年2回、3万人のマクロミルモニタに対し
約200項目におよぶ持ち物・嗜好に関する調査を実施

ブランドデータバンクでは、年2回、全国のマクロミルモニタ3万人に対し、ブランド・メディア・価値観など200項目におよぶ大規模な調査を実施し、その結果をデータベースとして提供しています。消費者がモノを選ぶ要素には「共通点がある」と考えているため、多くのジャンル・ブランドを聴取しているのが特徴です。 豊富なブランドデータの選択傾向を横断的に読み取り、多彩なデモグラフィックや価値観データを複合的に組み合わせ、ターゲットユーザーのライフスタイルを明らかにしていきます。

Point1のイメージ
Point 2

消費者分析・ライフスタイル分析に特化したデータベース

所有/嗜好のブランドデータから考え方や興味関心まで消費者にまつわるあらゆる情報を収集し、一つのデータベースとして提供しています。これらのデータを有効活用し、自社ブランドユーザーや競合ブランドユーザー、あるいは若年層やシニア層など、ターゲットとなる様々な対象グループを作り、必要な情報を自在に引き出すことで、消費者ライフスタイルを把握することができます。消費者の現状把握や比較だけでなく消費者側から見た市場概況把握や仮説の抽出などにも役立ちます。

Point2のイメージ
Point 3

独自のマーケティングメソッド
「エモーショナル・プログラム(EP)」によるタイプ別分類

エモーショナル・プログラムは消費者の潜在的な嗜好や感性傾向、行動特性を分類・理解するためのツールです。判定結果から9つのステージに消費者を分類し、理解することで、それぞれのステージに適したマーケティングプランの検討が可能です。

Point3のイメージ

Service

bdbのサービス一覧

データベースサービスのご提供だけでなく、
既存モニタへ効率的にスピーディーな調査を実現化する追跡調査や
約200項目の豊富なデータからターゲットとなるユーザーのライフスタイル分析を行い、
レポート形式でおまとめするサービスなどもご用意しております。

データベースサービスのトライアル・自主調査レポートダウンロードは無料です

サービスに関するお問い合わせ

データベースの導入検討、プロファイルのお見積りなどお気軽にお問い合わせください。
お客様専任の担当者よりご連絡いたします。

tel: 03-6716-0715

【電話受付時間】平日10時~19時